治まっててね、ヒザちゃん~
どうでも、いい加減な、自分探ししたりしなかったりするブログ。 競馬、ボクシング、野球、他スポーツ、テレビ、株が好物なのでそこら辺のことが多くなると思います。まあ、備忘録です、記憶力減退してるんで^^;
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
プーンサワット・クラティンデーンジム対李冽理・回顧
10/02 東京・後楽園ホール
WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦
○14位:李冽理(横浜光
判定 3-0(118-110, 115-114, 115-113)
●王者:プーンサワット・クラティンデーンジム(タイ)


コレまた('v`)採点以上の挑戦者完勝。1Rから挑戦者は左ジャブを中心とした長いパンチを軸に、右クロス、そしてガードの中が開きがちの王者に効果的だった左右アッパー、そして打ち合わず、コーナーに詰まってもさっと足を使って脱出し、手も足も止まらないまま最終ラウンドのゴングを聞くこととなった。3Rに王者が左ジャブを中心に手を出しつつ距離詰め、ボディも打ち、プレッシャーも強めてきたので流れが挑戦者から王者側に移るかと思ったが、4R以降結局王者に流れが向かうことは無かった。
戦前の計画通りに動けた挑戦者はよく頑張ったと思う。榎戦もこんな感じだったような記憶も。プラン通りの試合が出来ることこそが新王者の一番の長所なのかもしれない。
一方前王者、最後までほとんど何もさせてもらえなかった。完封負けに近い内容。打ち合いには強いんでそういう展開に持っていけるようこれまでは戦えてたのだけど、今日はできなかったね。相性が悪かったね。舐めていたのか、調子が悪かったのか分からないが、こんな試合しか出来ないのでは、今後同タイプ=スピード有り、足最後まで止めない体力あり、アッパーを打てるボクサーには勝てないぞ。欠点を露呈してしまって今後戦いにくくなること必至だろう。アメリカにはそんな選手がゴロゴロしているだろうから進出なんてもっての他ってところか
自己採点は3,7,10Rが王者で他Rは挑戦者、117-111で挑戦者の勝ち。1,2,4,5,7Rは迷ったラウンドで118-110~113-115まであったけどもまあ、全体を通すと明らかに挑戦者の勝ちだろうと。
スポンサーサイト

[テーマ:ボクシング | ジャンル:スポーツ]

【2010/10/02 22:40】 | ボクシング | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<スプリンターズS予想 | ホーム | たまにはスポーツ芸能以外で珍しく一般ニュースを。「武富士 過払い請求の負担により破綻」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://winradyblog.blog22.fc2.com/tb.php/465-e7cb43f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

winrady

Author:winrady
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。