治まっててね、ヒザちゃん~
どうでも、いい加減な、自分探ししたりしなかったりするブログ。 競馬、ボクシング、野球、他スポーツ、テレビ、株が好物なのでそこら辺のことが多くなると思います。まあ、備忘録です、記憶力減退してるんで^^;
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
WBC世界バンタム級/WBC世界フェザー級タイトルマッチ
3/12 神戸ワールド記念ホール
WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦
○王者:長谷川穂積(真正)
TKO 1R 2分37秒
●1位:ブシ・マリンガ(南アフリカ)

王者の圧勝。挑戦者の調整ミスなのか元々なのか分からんが(もっともウィラポン戦の映像を見る限りパンチはありそうだがモーションつきだしスピードもそれほどない感じだった)右リードと左(ボディ)アッパーこそそこそこのスピードだったものの、左の強そうなパンチ(王者の戦後のコメントではやはり強かったらしい)はモーションつきスピード不足な上、打つときに右のガードが下がる。そこを見逃さず左を狙い撃ち。あっさりダウンを奪う。あまり効いていない感じだったが王者は挑戦者をラッシュで追い込む。そして左アンダージイアー。これは効いたのが立ち上がった時の脚具合で分かった。あとは連打で最後左オーバーハンドが当たって3度目のダウン⇒終了。強い、長谷川!歴代日本人王者の中でも1,2番だろう。具志堅さん、二郎渡辺氏は階級が階級なだけに原田さんが対象になるけど長谷川の方が上かも。統一戦、複数階級制覇も狙って欲しい。

3/12 後楽園ホール(東京)
WBC世界フェザー級タイトルマッチ12回戦
○3位:粟生隆寛(帝拳)
判定 3-0(119-107、118-109、116-111)
●王者:オスカー・ラリオス(メキシコ)

大差の判定で王者交代。王者の動きが悪いのか、挑戦者が絶好調だったのか、粟生の右ジャブはストレートのようにビシっと当たり、左は顔面だけでなくボディも捕える。特にそのボディをラリオスは嫌がっていたような印象。粟生が前に出るという予想してなった展開となり、押し合いでも粟生の方が勝っていた。途中の採点発表で最初の4Rはフルマークで挑戦者。いいパンチが上でも下でも当たればダウン取れそうな流れ。6Rあたりからラリオスがごりごりの接近戦とラフファイトを強いてきたが粟生は引かないで打ち合い。ポイントは取られたかもしれないが精神的に押されなかったのは大きかったかも。8R終了時の採点も大差でもうダウンを奪わないとポイントでの逆転はなくなった王者はもっと出てくるか、、、と思ったらダメージもあってか(ボディが利いていたように思う)粟生もそのままの戦い方を続けられた。10R終了間際に右カウンターを喰らってちょっと危なかったがそれ以外は問題なし。12Rにはダウンも奪うところまで行ったが倒しきるまでは行かず。でもこの前の試合の教訓を生かして攻め続けられたと思う。見事な試合ぶりでした。おめでとう粟生選手。にしても帝拳ジム生え抜き日本人王者は浜田さん以来(3人目)か~。長かったねぇ。
当方の採点では粟生選手が1~5,9,11,12R、他が王者で116-111で挑戦者
スポンサーサイト

[テーマ:ボクシング | ジャンル:スポーツ]

【2009/03/12 23:16】 | ボクシング | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<World Baseball Classic... 勝った\(^-^)/ | ホーム | 品川ヒロシさん、それを言っちゃあ駄目×>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://winradyblog.blog22.fc2.com/tb.php/334-23bce193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

winrady

Author:winrady
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。