治まっててね、ヒザちゃん~
どうでも、いい加減な、自分探ししたりしなかったりするブログ。 競馬、ボクシング、野球、他スポーツ、テレビ、株が好物なのでそこら辺のことが多くなると思います。まあ、備忘録です、記憶力減退してるんで^^;
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
フィギュアスケート世界選手権女子シングル;ショートプログラムを終えて雑感
フジテレビの偏向構成を嫌ってJ-SPORTにて観戦。
盛大なる八百長祭りは本日も変わらずだった。

自分の適当採点(実際の点数と順位)
1位:安藤美姫65点(65.58、2位)
2位:シズニー61点(61.47、4位)
3位:マカロワ61点(61.62、3位)
4位:金妍児60点(65.91、1位)
5位:浅田真央59点(58.66、7位)
6位:コストナ59点(59.75、6位)
7位:レオノワ58点(59.75、5位)
8位:フラット57点(57.22、8位)
9位:村上佳菜子56点(54.86、10位)
10位:コルピ55点(55.09、9位)

これを見れば誰の点が出過ぎか一目瞭然。
金妍児は3Lz-3Tを跳べず、次のジャンプを3F-2Tでリカバーした。GOE盛り盛り、見た目特に凄く無いのに。単独になった3LzにGOE+1つけた奴が居るのにはもう開いた口が塞がらない限り。シズニー選手と同じスピンGOEもらってるのも納得出来ない。PCSも全くの盛り盛り。上記点数が妥当というか妥協点。
一方、浅田さんは3Aが<を越えて<<にされたり、挙句3FをURにされたりと天野君、本日も通常運転。もう日本の地を2度と踏まないように。まあ、それでも彼女の不調は明らかで金より下の順位にされても文句は言えないなと。延期でピークアウトしちゃったのかな。
安藤さんは抜群の安定感が今日発揮されて、お見事。明日もこの調子で行ければ問題なし。インチキジャッジとの戦いになる。
シズニー選手は3Fにeがついたもののステップ、スピンと綺麗だった~。
マカロワ選手もSP横綱っぷりが発揮されて、地元上げ抜きにしても良かった。

明日はFP出場者の23選手が満足の行く演技と点数になりますように。残り1選手はもうどうでもヨシ。
スポンサーサイト

[テーマ:フィギュアスケート | ジャンル:スポーツ]

【2011/04/30 00:16】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
足立区立第四中学校
「ビートたけしのオールナイトニッポン」のリスナーだったので何度か聞いていた校名。勿論たけしさんはそこの卒業生。
田中好子さんの検索をしていたら、彼女もそこの卒業生で、さらに四中から元ロッテの成田文男氏も卒業生でさらにたけちゃんの同級生だったとのこと。
このお二人が4月21日、同じ日に亡くなった
こういう偶然があるんだなあと。
両者とも全盛期をリアルタイムで見れていない。
田中さんは辛うじて「みごろ!たべごろ!笑いごろ! 」を見てた記憶がある程度、成田さんは巨人がV6を飾る日本シリーズの相手チームの木樽・小山との3本柱の一人として戦ったシーズン25勝の頃のような全盛期の投球は未見、残念だなあ・・・
ニ名のご冥福をお祈りします。

[テーマ:日記 | ジャンル:日記]

【2011/04/25 22:00】 | 芸能音楽 | トラックバック(0) | コメント(1) |
皐月賞予想
府中開催で実力通りの結果になるのか。
ステイゴールド産駒重視。

◎05ナカヤマナイト
◯04サダムパテック
▲17プレイ
△11ベルシャザール
△12オルフェーヴル
△14フェイトフルウォー

馬券
馬連5-4,17,11,12,14。ワイド4-17。

[テーマ:競馬 | ジャンル:ギャンブル]

【2011/04/24 14:55】 | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) |
長谷川・ゴンザレス戦、西岡・ムニョス戦、粟生・グチェレス戦回顧
4/8 兵庫・神戸ワールド記念ホール
WBC世界フェザー級タイトルマッチ12回戦
○1位:ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)
TKO4回58秒

●王者:長谷川穂積(真正)

事前には先の試合のような戦い方はしないと行っていた王者。しかし精神的なものなのか、それとも挑戦者に強いられた・追い込まれた結果なのか中間距離の打ち合いとなってしまった。その結果、モンティエル戦の再現、今回は右のワンパンチでKO負け。
長谷川選手に関して、技術的にはガードが下がり気味なのが気になるけどそれ以上に戦術眼、階級を上げてのパワー不足を補うべく、スピードを重視した出入りの激しいボクシングをしないといけないのだがそれが出来なくなっている。西岡選手のごとく、拳を痛めているくらいの方が落ち着いた試合が出来たのでは、と思いたくなるくらい掛かり気味な試合運びだった。少なくともウィラポンとの2戦などバンタム級王者の前期にはスピードと出入りを生かした戦いが出来ていたことなので、それが出来なくなっているのか、それとも連続KO防衛で忘れてしまったのか、母親のことや震災のことでムキになってしまったのか、原因は分からない。本人の弁であるフェザー級に体がまだ合っていないっていうのもあるだろうけども、その前に戦い方を思い出さなければならないだろう。後述西岡選手との戦術面での差を見せつけられてしまった。トレーナーを替えるのも一つの手だがこれまでの経緯を考えるとそも難しいのかなあ。
一方、ジョニゴン。西岡戦後にトレーナーをナッチョ・ベルスタイン替えたとのこと。バランスとか防御面とかすっかり良くなってた。再起後7連続KO勝ちだったのも理解できる。体格的にもフェザーで問題なさそう。マルケス弟やらバスケスやらファンマやらガンボアやらロハスやら相手に事欠かないね。逆に長谷川選手他、日本人選手の挑戦の余地があるかどうか微妙。
当方の途中採点は1R挑戦者、2,3R王者。防御重視なら勝てそうな雰囲気は漂ってたけどねぇ。。。

WBC世界Sバンタム級タイトルマッチ12回戦
○王者:西岡利晃(帝拳)
KO9回3分7秒

●6位:マウリシオ・ムニョス(アルゼンチン)

王者の完勝。試合後も顔が綺麗だった。挑戦者もそれなりに頑張ってたし悪い選手ではなかったが、勝負にはならなかった。そして試合後に王者の左拳(と脇腹)の故障が知らされてますます強さが引き立たされた。拳の故障を悪化させないように中盤までは左はボディとアッパーに専念。右のガードも高めにして被弾しないように。8Rにもう左を悪化させても最後まで行けると判断して左ストレート解禁。そして9Rにしっかりダメージを与えて最後伝家の宝刀左ストレートをしっかり顔面にぶつけてノックアウト。後の長谷川選手と明暗分かれる、好対照な戦い方・内容だった。文句なし。
次戦はこんな状況もあり国内開催が難しいのでラスベガス他海外での防衛戦。ぜひラスベガスでモンティエルでもマルケス弟でもそれなりのビッグネームと試合して欲しいものだ。
当方の途中採点は3Rのみ挑戦者、他R王者。

WBC世界Sフェザー級タイトルマッチ12回戦
○王者:粟生隆寛(帝拳)
KO4回1分6秒

●3位:ウンベルト・グチェレス(メキシコ)

完璧なる減量失敗挑戦者へのお仕置きw。挑戦者は確かにデカかった。アゴも強いのだろう(これまでダウン経験無しだったそうな)。でもすっかりペーパーストマックとなってた(戦前に予想されてたが)。それをしっかり狙って王者の見事な右フックが相手のみぞおちを撃ち抜いて10カウントを挑戦者に聞かせた。粟生選手はフェザー級時代と違って塩王者じゃなくなっている。パワーもついて、攻防のバランスも良い感じになっている。勝負どころで出ていけるようになっている。内山選手との統一戦も見たいし、西岡選手についていってラスベガスで強さを披露してもらいたい気もする。
当方の途中採点は全R王者。

[テーマ:ボクシング | ジャンル:スポーツ]

【2011/04/14 21:48】 | ボクシング | トラックバック(0) | コメント(0) |
桜花賞予想
レーヴディソールの戦線離脱で軸選びに迷うも

◎13ライステラス
◯17トレンドハンター
▲16ホエールキャプチャ
△08マルセリーナ
注15フレンチカクタス

馬券
馬連13-17,16,8,15。17-16。

13か16が勝ってレーヴ万歳って感じなるような気がする。

[テーマ:競馬 | ジャンル:ギャンブル]

【2011/04/10 15:08】 | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

winrady

Author:winrady
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。