治まっててね、ヒザちゃん~
どうでも、いい加減な、自分探ししたりしなかったりするブログ。 競馬、ボクシング、野球、他スポーツ、テレビ、株が好物なのでそこら辺のことが多くなると思います。まあ、備忘録です、記憶力減退してるんで^^;
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
たまにはスポーツ芸能以外で珍しく一般ニュースを。「武富士 過払い請求の負担により破綻」
本日、ようやく武富士株は寄りますたね、6円で。結局終値は4円。1円張り付きも時間の問題か。
ところで自己破産・債務整理・過払い請求に関連してCM・電車内等でよく見掛けていた「ホームロイヤーズ」はほぼ1年前、09年10月1日に「MIRAIO(ミライオ) 」に改名していた。
表題ともども考えると過払い請求について転換点に来ているのかね。先の業者は先見の明があったというか。1年前の時点で名を馳せたであろう過払い請求が行き詰まりそうなんでイメージ一新のための改名かとも想像。
まあ、自分はサラ金に借りたことないし、サラ金業者・弁護士事務所ともにCM流すのどうなのって思っているのだが。パチンコ・パチスロもだけどね。電子タバコのCMも気味悪いが。
なんにしろ、過払い請求は情報強者の勝ち、潰れる前に早く請求出来た人のみ満額返金か。弁護士代・手数料負けする被害者が続出するか。それに対して弁護士使わず個人で全て手続き出来た者が最強。カンニング竹山は自分で自己破産手続きやったらしいからチゴイね。
それはともかく武富士創業者の息子はちゃんと相続税を日本の国庫に収めて下さいませ。
スポンサーサイト

[テーマ:政治・経済・時事問題 | ジャンル:政治・経済]

【2010/09/30 23:12】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
亀田大毅対坂田健史戦回顧
9/25 東京ビッグサイト
WBA世界フライ級タイトルマッチ12回戦
○王者:亀田大毅(亀田)
判定 3-0(118-110, 116-112, 117-112)
●6位:坂田健史(協栄)

採点通り、王者の完勝。いつもと違ってスタート挑戦者のエンジンの掛かりが良く、2Rに強い左フックをもらったがダウンまでいかず打ち合う。3R途中まで挑戦者は良かったが右眉をバッティングで切ったところから流れが変わった。4Rは取り返して7R、ジャブがポンポン当たって挑戦者が取ったものの、その後は挑戦者の距離が作れず、長いところでは左フックなど、近づいてはクリンチされと持ち味の手数を出せなかった。距離と保って連打出来ないんだもんね。打ってるうちに前のめり気味に自分から距離を詰めちゃうんだから。そしてスタミナも1Rから飛ばしたからか8Rから失速気味。さらに9R途中まで攻撃していた挑戦者が左瞼をヒッティングでカットしてのドクターチェックの間に休んで王者が反撃できた辺りから王者を完全に下回る感じになっていった。王者は疲労が抜けたか、セカンドウインドを受けて調子を再び上げてきた。全体的に挑戦者のいつものことだが、見るからパワー不足なパンチと見栄えの悪い分さらにポイントを王者に持って行かれた。
王者も2人の王座経験者に勝ったことで株を若干上げたが、内容はしょっぱいモノで、倒せる感じもなく、うまく立ち回って勝利を得たところ。減量苦もあるのだろうが、強さを見せることは無かった。若いが伸びシロはまだあるのだろうか。
自己採点は2,4,5,7,12Rが挑戦者で他Rは王者の115-113で王者の勝ち。挑戦者の5,12Rと王者の1,6,8,11Rはどっちでもいいかなと思ったが、結局のところ全体的に見て挑戦者の勝ちはないなという内容。118-110はちょっとなあというのもあるが本当に挑戦者は相手にダメージを与えてるというのを感じさせない威力のパンチしかないからなあ。
坂田選手はダメージを受けるボクシングなので年齢的にも引き際だと思う。協栄ジムを引き継いで良い選手を育てて欲しいものだ。パンチの非力さは真似させないで欲しいが。

[テーマ:ボクシング | ジャンル:スポーツ]

【2010/09/26 17:16】 | ボクシング | トラックバック(0) | コメント(0) |
ゲゲゲロス症候群怖い
「ゲゲゲの女房」が今日で終了。好きだった「ちりとてちん」と違い終わり方も綺麗で何より。最初から最後まで非常に楽しく見られた。後は表題の通り。
ドラマ内外のことで色々書きたいこともあるが脱力すること多数で、今日はこの辺で。明日馬券が取れたら回復するかも('v`)

[テーマ:テレビドラマ | ジャンル:テレビ・ラジオ]

【2010/09/25 23:47】 | 芸能音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
キングオブコント
優勝者(と最下位('v`))には納得。その他の順位・得点はそれほど一致せず。まあ、優勝者以外は特に意味を為さない大会だからいいけどね。
キングオブコメディは安定感とボケの今野の瞬発力。ツッコミのパーケンは特に2本目、ガッチガチで3回くらい噛んでいたが、どうにか踏ん張った。優勝でしょ。
ピースは1本目はそんな好きな設定でないネタだったので自己採点低めだったが、2本目は良かったと思う、、、けど点数出過ぎ。
ジャルジャルの2本目「オバハン」ネタは福徳のルックスと相俟って不愉快になった。もうちょっといじりようがあったと思うけど。
ピース2本目、ジャルジャル2本目は松本人志の影響を受けたネタだったと思うし、松本自体の評価もその分高めだったような印象、その様子に釣られて点数もインフレ気味。
エレキコミックはもうね・・・谷井がキョンキョンに「すぐに顔に逃げる」的な指摘をされてたことを思い起こさせるような内容。テレビでのネタ披露で爆笑取ったのを見たことないんで向いていないのだろうナア。テレビに対応するなら根本からいじらないとダメかな、それか移籍するかw

自己採点(一番最初のTKOの一本目のネタを5点として採点した)
1本目  2本目  合計
 7.0   7.0  14.0 キングオブコメディ
 5.0   7.0  12.0 ピース
 6.0   5.0  11.0 しずる
 5.0   6.0  11.0 TKO
 6.0   5.0  11.0 ラバーガール
 5.0   5.0  10.0 ロッチ
 5.0   4.0   9.0 ジャルジャル
 4.0   4.0   8.0 エレキコミック

[テーマ:お笑い | ジャンル:お笑い]

【2010/09/24 17:50】 | 芸能音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
内山高志対アンヘル・グラナドス戦、河野公平対トマス・ロハス戦回顧
9/20 さいたまコミュニティアリーナ
WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦
○王者:内山高志(ワタナベ)
TKO 5回2分27秒
●5位:ロイ・ムクリス(インドネシア)

王者の完勝。守りもガードを上げて尚且つヘッドスリップ、スウェイ等眼力も駆使してほぼ完封。4,5Rに合わせて3発くらい軽くヒットされたが、無問題だった。攻撃はジャブできっちり距離感を掴み、右ボディでリズムを作り、左ボディでダメージを与えつつ、グロッキー間近のところで右フックを顔面にヒット。あれで頬骨と鼻骨を折ったんだろう。その後、怒涛の連打で挑戦者ダウン。真下に崩れ四つん這いのままカウントを聞き、10カウントまで行く前にレフリーが止めた。担架で運ばれた挑戦者、骨折だけで済んだのは不幸中の幸いだったなと。
それにしても内山選手、本当に良いボクシングをする。ジャブついて、ボディ打って、確信を持てたところできっちり倒しに行く。挑戦者も無茶苦茶弱い選手では無かったと思うが(パンチは戦績通り強そうだった)あっさり倒した。リナレスと戦ったらどうなるか分からないけど見てみたい気もする。
前日見た、NHK「スポーツ大陸」での王者の真面目っぷり、節制ぷりでますます応援したくなった。次戦は暫定王者との統一戦のようだが問題なくクリアして欲しい。ビッグマッチも期待する。

WBC世界スーパーフライ級王座決定戦12回戦
○2位:トマス・ロハス(メキシコ)
判定 3-0(118-109, 116-111, 116-111)
●1位:河野公平(ワタナベ)

身長・リーチで劣っていても、スピードで負けてても、ジャブを突かないと駄目だというのが良く分かる試合だった。河野選手は真っ直ぐ飛び込んで左右のパンチを振るうのみ。ボディもそれほど打たず、あれではパンチを当てることは難しい。最終ラウンド、ようやくパンチが当たってダウンを奪うまで行ったが、あれはロハス選手の油断だろ。きっちり戦われていた完封負けだった。何度やっても河野選手が勝てる気のしない試合だった。当方の採点は118-109でロハス選手。

[テーマ:ボクシング | ジャンル:スポーツ]

【2010/09/23 12:44】 | ボクシング | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

winrady

Author:winrady
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。