治まっててね、ヒザちゃん~
どうでも、いい加減な、自分探ししたりしなかったりするブログ。 競馬、ボクシング、野球、他スポーツ、テレビ、株が好物なのでそこら辺のことが多くなると思います。まあ、備忘録です、記憶力減退してるんで^^;
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
改めてデフレ点をつけてみよう(苦笑)
金:金妍児;78.50、150.06、228.56→72、130、202①
銀:浅田真央;73.78、131.72、205.50→71、125、196②
銅:ジョアニー・ロシェット;71.36、131.28、202.64→67、115、182⑥
4:ミライ・ナガス;63.76、126.39、190.15→64、120、184③
5:安藤美姫;64.76、124.10、188.86→66、117、183④
6:ラウラ・レピスト;61.36、126.61、187.97→61、115、176⑦
7:レイチェル・フラット;64.64、117.85、182.49→65、117、182⑤
8:鈴木明子;61.02、120.42、181.44→61、115、176⑧

本来、200点超えも凄いことで女子がトリプルアクセルを飛ぶのと同様、なかなかないこと。優勝者の点数はこれくらいでもかなりなもんで、細かいミスを見逃されている現状では優勝者の点数はこれくらいだろう。(見た目)ノーミスボーナスな分(PCS盛られる形)もあって、金選手が200点超えの立派な点数で優勝という感じで。この点数での負けの方が日本人としては悔しいが(笑)

本来ならクリーンなトリプルアクセルにはGOEで+2くらい付けないといけない、女子の場合、と思う。男子と違って(男子でも苦労している選手が結構いるけど)、女子がトリプルアクセルをやる意義の大きさを考えると基礎点が男子と同じでそこそこしかないのだからGOEで救済しないと。そうでなくても浅田選手のトリプルアクセル自体、質が良くて十分な加点するべきだろうに大して加点されないのは何だかなあ。
続きを読む
スポンサーサイト

[テーマ:バンクーバー冬季オリンピック | ジャンル:スポーツ]

【2010/02/26 23:11】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
バンクーバー五輪フィギュアスケート女子感想
金選手別格、殿堂入りでいいでしょう、あんな点数は2度と出ないだろうし。大本命、本国からのプレッシャーやらの中、見事滑りきったのは評価。この金メダルを土産にプロでたっぷり稼いで下さい。その場合も4年後帰って来ないでね。
浅田選手、ノーミスを見たかったけど2箇所ミスっちゃったなあ。でもトリプルアクセルを2度(ショートプログラムと合わせて3度!!!)決めて凄い、歴史に残る演技になった。先輩、伊藤みどりさんのアルベールビル(2位)の再現になってしまった。フリーの曲も同じラフマニノフRachmaninovだし。インタビュー見てこっちも泣きそうになったわ。フリーが満足の行く演技でなくて悔しくて泣いているのを見てこっちまで切なくなった。でも、その気持ちがあるうちはまだまだ伸びるよ。ルッツとサルコーも完璧にものにしてさらなる高嶺へ。今後の成長を期待しつつ。グッドルーザーだった
安藤選手、男子のジョニーの位置に完全にされちゃってたね。でもジャンプのレベルを下げちゃったとは言え今日の演技は良かった。キスアンドクライで点数見て、諦めというか何かを悟った感じだったのが気の毒だった。それにしてもジャンプの加点GOEがゼロとは・・・何を狙ってなのか露骨過ぎだよ。少なくともミスが目立ったロシェット選手より今日の得点が下ということはないからね。攻めない構成で銅メダルは今日だけ見たら難しかったけど(点差からロシェットの大失敗待ち)、ショートプログラムと合わせると(ロシェットはSL2度上げなので)ロシェット比でならもらえて然りとも思う。トリノ五輪との比では圧倒的に良い結果で一応おめでとうでいいのかな。
鈴木選手はジャンプでちょっとしたミスがあったけどほぼ完璧というか感動的演技。ステップも良かったしジャンプも流れに乗れてたし、最後のスピンも盛り上がった~。入賞おめでとう!
長洲選手は緊張しそうな大トリの演技で本当にお見事だった。体の柔らかさが演技の良い柔らかさに繋がって、スピンも良く、ジャンプもGOEをもらえる綺麗なもの(今日は回転不足を取られなかったみたいだ)。本来なら銅メダルまで有りだっただろう。ライサチェックで使い切っちゃった感じか。

今の得点システムを最大限に生かした優勝者。太田由希奈さんが言ってた、点数に出ない何かを感じさせられる演技、自ら険しい道を進んでいく2位の選手。まあ、本大会をまとめるとこういうところだろう。最終組に大きな自爆がなく何よりでした。

結果:選手名;ショート点、フリー点、合計点、(自分が勝手につけた概算点数)コメント
金:金妍児;78.50、150.06、228.56(75、140、215)ショートフリー見た目ノーミス。まあこれだけ加算点付くの分かってたら楽。
銀:浅田真央;73.78、131.72、205.50(73、130、203)トリプルアクセルに加算が少な過ぎる上、フリーでミス2つで点差ついたが・・・
銅:ジョアニー・ロシェット;71.36、131.28、202.64(68、120、188)地元上げ酷過ぎ。2位にまで上げなかったのがせめてもの良心。
4:ミライ・ナガス;63.76、126.39、190.15(64、125、189)ショートフリー見た目ノーミスもロシェットとの兼ね合いで?
5:安藤美姫;64.76、124.10、188.86(66、123、189)上に同国人選手がいるのとロシェット対策で?ジャンプ加点0
6:ラウラ・レピスト;61.36、126.61、187.97欧州一番手での上げ?フラットより上は無い。
7:レイチェル・フラット;64.64、117.85、182.49ロシェットより前なのが影響して強烈に抑えられた?
8:鈴木明子;61.02、120.42、181.44レピストと6点も差がつくフリーの内容ではない。

日本の経済事情と違って('v`)激しいインフレ点だが、一応浅田選手基準で。ショートフリーともノーミス(見た目)だったナガス選手が3位かな。まあ、回転不足甘めの恩恵を受けてるだろうけど。一方、安藤選手は本当にショートで一人だけ厳しく取られた回転不足、フリーで挑戦しなかったトリプルトリプルと気の毒な面とちょっと~とう両面が自分の中にはある。けどジャンプの加点なしは・・・酷いジャッジ。

完全素人な親父でも金選手点数出過ぎ、安藤選手出無さ過ぎという感想だった。珍しくマトモなことを言ったw。まあ前者は次の浅田選手の点を計算出来ないからてんこ盛りの点数、後者はロシェット選手対策だろう。金選手にそんな盛らなくても完勝だったのにかえって採点に疑義を持たせるような結果になっちゃった(´・ω・`)。
ゲデちゃん、今日は演技がもう一つだったけど次、3月に期待して。
各選手、お疲れ様でした。

[テーマ:バンクーバー冬季オリンピック | ジャンル:スポーツ]

【2010/02/26 18:33】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
バンクーバー五輪フィギュアスケート女子ショートプログラム感想
金;-2~5=75(正直、真央選手より下でもいいくらいだけどねぇ、主観点付き杉)
浅田;±0=73
ロシェット;-2~3=68
安藤;+1~3=66
が適性点数だろうよ。
浅田選手の演技は完璧、非常に満足。何度見てもいい!全く問題ない。トリプルアクセルは勿論だが、いつもながらストレートラインステップは凄いね。やっとショートプログラムでいい演技が出来て良かったね。あえて重箱の隅を突っつけば、3F着地後に蛇行したこととスピンのスピードくらい。5点弱の差なら勝ち負けだが点数はジャッジの掌の上だからなあ。。。
金選手の3Lz3Tだけど、う~ん、3T足りてるの???セカンド3Tが足りてるなら安藤選手の3Lz3Lのセカンド3Lも足りてる。安藤選手の着地だと点数引かれるだろうけど2Lにされて二重減点というのはねぇ。そして金選手スパイラルのチェンジエッジグラグラや3Fのエッジが怪しいのにたっぷり加点とか何と言うかジャッジメント通常営業でしたw。ステップも休憩ありで。まあ、浅田選手の73点を見て点数を付けた感じで。
ロシェット選手も3-2止まりで70点超えは男子のチャン選手ほどでないがやり過ぎ、通常営業か。色々あったのにノーミスでよく頑張ったと言いたいが。
安藤選手は前記コンビネーションジャンプのちょい失敗以外、問題なかったし、曲の解釈wだって首位の選手より下はないだろう。
あとはフラット選手にもうちょっと点数出ても良かったのにというところ(にしてもスタンフォードとかプリンストン大受験とかどんだけ~、前者だと鳩山由紀夫&タイガー・ウッズの後輩になっちゃうけどw、日本のレイチェル('v`)より上だわ)。ミライ選手も良かったよ~
ジャッジに期待できないんで各日本代表選手は自分の納得の行く演技をしてもらえたらと思う。今日は浅田選手、安藤選手、鈴木選手、お疲れ様でした。決戦は金曜日(日本時間)、頑張れよ~
最後にゲデ選手、良かった~、今日トップの選手に体当たりされた影響なくて。

[テーマ:バンクーバー冬季オリンピック | ジャンル:スポーツ]

【2010/02/24 19:58】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
R-1ぐらんぷり感想
優勝はあべこうじで妥当。一人しゃべりで勝負してうざいけど笑いをとって、オチもきっちり付けたので。なだぎ武はずるい感じ。エハラマサヒロは自分の感性のせいか、面白さがあまり伝わらなかった。唄はいらないし。枡野さんがもう一つだったのが残念。徹底してフリップ芸で行けば良かったのに、なだぎを意識したようなネタだった。

[テーマ:お笑い番組 | ジャンル:お笑い]

【2010/02/24 19:45】 | 芸能音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |
フェブラリーステークス予想
去年より地力強化、左回りのマイル戦もかしわ記念、南部杯と連勝中、G1を3連勝とエスポワールシチーは2着は外さないだろう。やや不利な内枠なのが不安なだけ。相手はJCDでも2着に来た4歳勢から。ダート路線は芝牡馬と違いレベルが高い。鞍上で評価が下がっている分、配当が美味しいグロリアスノア。エントラップから回復しつつあるテスタマッタ。血統は十分もダート初出走のレッドスパーダの順。去年の勝ち馬サクセスブロッケンには敬意を表して、リーチザクラウンは外枠で先行して残ることを恐れて押さえ。この2頭が相手に来てもトリガミ。

◎04エスポワールシチー
◯12グロリアスノア
▲03テスタマッタ
△08レッドスパーダ
押06サクセスブロッケン
押14リーチザクラウン

馬連4-12、3、8、6、14

[テーマ:競馬 | ジャンル:ギャンブル]

【2010/02/21 11:41】 | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) |
フィギュアスケート男子
高橋選手、おめでとう!最初の4Tを失敗しても切れずにその後良く踏ん張った。他のジャンプは見た目ノーミス(引かれてたみたいだけど)で脚元は素人目で全選手中トップだっただろう(演技構成点はトップ)。SPのノーミス貯金が本当に生きた。4回転挑戦も良かったと思う。結果銅メダルに届いたし、守りの3回転で行ったとして成功して、その後は今回の演技と同様ならライサチェックに届かなかっただろう。4回転成功してその後の演技も完璧だったら一番上に行けたかもしれないが。
織田選手、小塚選手もお疲れ様でした。特に小塚選手の4回転成功、今後のさらなる発展が期待できる。4年後が楽しみ。織田選手の靴ひもは気の毒(まあ勝負に行った結果のようだが)だけど結果論、メダルはなかった感じ。転倒もあったからね。
採点・順位について。プルシェンコ選手のジャンプは転倒がなかっただけという感じ(それも見事なことだが)。軸はブレブレで美しさに欠けてた。ステップももう一つ。そういう意味で中位のところ(特に4回転がないという点で)で安定した、そしてノーミス演技だったライサチェック選手の得点が上になったというところか。他ではチャン選手の点は地元とは言え出過ぎ。高橋選手より上ということはないし、4回転もない分小塚選手とどっこいどっこい(スケーティングの分ちょい上も可)ぐらいで、5~10点多め。一方、ウィアー・ジョニ子選手は見た目ノーミスだったし、SPと同様出なさ過ぎ。もう2~5点上げても良い内容だったような。小塚選手も2,3点あっても良かったかな。結局総合成績としては少なくともチャン選手とウィアー選手の順位が逆だろうと。
女子ではこんな感じで一部選手の上げがないことを願っている。逆に日本選手を始め各選手の下げもね。ちゃんとした採点を求む。

男子フリー
1エバン・ライサチェク 167.37
2エフゲニー・プルシェンコ  165.51
3ステファン・ランビエール 162.09
4パトリック・チャン 160.30
5高橋 大輔  156.98
6ジョニー・ウィアー 156.77
7織田 信成  153.69
8小塚 崇彦  151.60

男子総合成績
金:エバン・ライサチェク 257.67
銀:エフゲニー・プルシェンコ  256.36
銅:高橋 大輔 247.23
4:ステファン・ランビエール 246.72
5:パトリック・チャン  241.42
6:ジョニー・ウィアー 238.87
7:織田 信成  238.54
8:小塚 崇彦  231.19

[テーマ:バンクーバー冬季オリンピック | ジャンル:スポーツ]

【2010/02/19 21:38】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
フリースタイルスキー女子モーグル回顧
上村愛子選手の4位、ターンの速さ、28秒88のタイムがそのまま順位に反映された。1秒詰めないと勝てなかったくらい金メダルのハナ・カーニー選手とは大差(27秒86)、3位のシャノン バーク選手とも1秒近い(27秒91)。速さ重視のルール改正の影響をモロに受けてメダル勝負にならなかった感じだ。それにしても戦前から過去の五輪が7,6,5位と来たから今回4位かもなんて考えていたら(かなりの人がそんな想像も持っていただろう)その通りになるなんて・・・。そんなこともあってインタビュー前に、過去3大会にはなかった号泣(見た感じからの想像だが泣いたのは確かのようだ、本人も言及)をしたのだろう。前回はメダルの取り方が分からないと笑ってたのにね。
上村選手が滑り終わって2位になったところで4位も危ないかと思っていたら、計ったかのように何人かの選手が転倒し、最後の2選手が上に来てだからなあ。何かの力が働いてると思ってしまうよ。でも、もし次も目指せば必ず3位銅メダル、12年後には金メダルだ!とは今日の段階で本人にはとても言えないが・・・。お疲れ様でした。そして村田選手、今後を期待させる8位でした。ターンをさらに鍛えられての4年後を楽しみにしてます。伊藤選手、里谷選手もお疲れ様でした。

[テーマ:バンクーバー冬季オリンピック | ジャンル:スポーツ]

【2010/02/14 15:06】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
バンクーバー五輪日本代表金メダル獲得数予想
1個かなあ('v`)。
フィギュア女子シングル、女子モーグル、ノルディック複合、これらの中から。
フィギュア女子の3人と上村さんには特に頑張って欲しいけどなあ。
前者は採点インチキ、そして両者ともルール不利があるからどうか。
とにかく、全選手、頑張れ~

[テーマ:バンクーバー冬季オリンピック | ジャンル:スポーツ]

【2010/02/13 10:58】 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
デンカオセ-ン・カオウィチット対亀田大毅戦回顧
2/7 神戸ワールド記念ホール
WBA世界フライ級タイトルマッチ12回戦
○11位:亀田大毅(亀田)
判定2-0(116-110、116-110、114-112)
●王者:デンカオセ-ン・カオウィチット(タイ)

亀田陣営にはかなり能力のある作戦参謀がいるのだろうと知らされた一戦。この前の内藤・亀田興戦でもそうだったが、現在持っている能力を最大限活かしつつ、相手の能力を削る、あるいは発揮させない戦術を取ってきた。前回より速いジャブを多様。前回クリンチ際にはあまり出なかったボディパンチ。前回より距離感もうまく取れていた。それらに加えてレフリングも味方に。自分的にはもクリンチ削減論者なのであの減点にはケチをつけない。にしても最大の王者の長所=クリンチワークを殺されて7R以降、何も出来なくなってしまった、王者。6Rにボディに的を絞った攻撃で流れが王者に移ろうとしたところでのクリンチ(ホールド)減点。事実上、あれで終わった感じか。元々前半型の王者だが、立ち上がりからスピードもそこそこ、パワーも戴冠試合ほど感じられず、計量600gアンダーもあってかロケットスタートとならず。後半調子戻すのかなあ、と思ったら6Rに前記の通りになっていつもの後半駄目デンカオだった。そうだったとしても大毅選手の戦い方は見事だったし、参謀の計画通りに試合が運んだ感じだ。スピードは王者以上で脚も前回より動いていていい内容だった。次戦でやるはずの坂田選手相手でも前半でいいパンチを当てられる感じはある。塩試合対策も参謀がきっちり立てるなら互角以上の試合になりそう。あとは減量との戦い。ぜひ、日本人の初対戦を実現してもらいたい。
当方の採点は2,4,6R王者、他Rが挑戦者、王者に減点2があっての117-109。2,3,7Rは悩むRで118-108~115-111までで挑戦者の完勝。

[テーマ:ボクシング | ジャンル:スポーツ]

【2010/02/07 22:33】 | ボクシング | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

winrady

Author:winrady
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。