治まっててね、ヒザちゃん~
どうでも、いい加減な、自分探ししたりしなかったりするブログ。 競馬、ボクシング、野球、他スポーツ、テレビ、株が好物なのでそこら辺のことが多くなると思います。まあ、備忘録です、記憶力減退してるんで^^;
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
井岡・ヨードグン戦、内山・ソリス戦、カバジェロ・細野戦回顧
12/31 大阪府立体育会館
WBC世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦
○王者:井岡一翔(井岡)
TKO1回1分38秒

●10位:ヨードグン・トーチャルンチャイ(タイ)

ランキング通りの力差を示した一戦。左フックで一蹴。豚局も早く終わり過ぎて困ってたw。大晦日のゴールデンでやる相手としてはちょっとねぇ。もうちょっと歯ごたえのある相手選びが出来なかったものかと。まあ、この階級では王者が強過ぎるというのもあるのかな。八重樫選手との統一戦は今から楽しみ

12/31 横浜文化体育館
WBA世界Sフェザー級王座統一戦12回戦
○王者:内山高志(ワタナベ)
TKO11回19秒

●暫定王者:ホルヘ・ソリス(メキシコ)

最後のシーンはほんと眼福。日本人絡みの世界戦、とりわけ日本人選手が勝った試合でああいう芸術的なKOシーンはなかなか見られない。元々自分の中で評価が高かったが、過去最強の相手に最高の内容で勝ったのは今後の展望を考えると大きい。
右を痛めていたので左を磨いたというのは本当に伝わってきたし(以前から左ジャブはうまかったと思うけど)右は相変わらず強いし、もう一回書くが最後の左フックはフェイントを交えて狙い撃ち、芸術的。ぜひビッグマッチを。

WBA世界フェザー級タイトルマッチ12回戦
○王者:セレスティノ・カバジェロ(パナマ)
判定3-0(119-108、119-108、116-111)

●8位:細野悟(大橋)

細野選手は不器用過ぎて駄目だな、こういう相手は。イラリオ・サパタ的グニャグニャボクシングで日本人選手が最も苦手とするタイプな上、前記通り不器用な挑戦者では勝負にならないなあ。変則スタイル、変則パンチ、クリンチ、人気でないわな、カバジェロ(苦笑)。クリス・ジョンとしょっぱい対決をしてもらいたものだ('A`)
当方の採点は大甘で115-112で王者。挑戦者のパンチの方が強く当ててたと感じたところがあったので。でもフルマークで王者というのもアリだったかなと。なので判定に異議は全くない。
スポンサーサイト

[テーマ:ボクシング | ジャンル:スポーツ]

【2012/02/05 16:15】 | ボクシング | トラックバック(0) | コメント(0) |
ポンサワック・八重樫戦、粟生・ボスキエロ戦、エスキベル・山中戦他回顧
10/24 東京・後楽園ホール
WBA世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦
○4位:八重樫東(大橋)
TKO10回2分38秒

●王者:ポンサワン・ポープラムック(タイ)

田舎暮らしは辛いね。テレ東サイトの動画で観戦。最軽量級を忘れさせるものすんごい打撃戦。一発で倒すパワーがないからパカパカ打ち合うって感じになるのかもしれんど、技術戦も面白いがこんな試合も楽しいわ~。不甲斐なかったイーグル戦のイメージを完全に払拭した内容だった。
9Rまでの当方のポイントは5,6Rが王者で他挑戦者の88-83で挑戦者。

11/6 東京・代々木第二体育館
WBC世界Sフェザー級タイトルマッチ12回戦
○王者:粟生隆寛(帝拳)
判定2-1(115-113、115-113、113-116)

●8位:デビス・ボスキエロ(イタリア)

試合終了後の顔を見たらどっちが勝ったのか分からんような。内容もその通り。悪い頃の粟生選手に戻っちゃった。手が出ないのね。
当方のポイントは1,2,3,5,6,8,11Rが王者で他R挑戦者で115-113で王者も際どいラウンドが多くて、実際発表前、粟生選手の負けも有りだなとも思っていた。とは言え、挑戦者は敵地なんだからもうちょっとはっきりとした形でポイントとる感じにしないとタイトル奪取は出来ないヨ。

WBC世界バンタム級王座決定戦12回戦

○3位:山中慎介(帝拳)
TKO11回1分28秒

●2位:クリスチャン・エスキベル(メキシコ)

こちらは見応えのある試合だった。山中選手のパンチ力を十分堪能できた。下のなんちゃって同級王者より強いだろうことも再確認。指名試合にも勝って名実ともに王者となって欲しい本当は下の人をボコってもらいたいけど、セニョールは例の一家には触らない主義のようだから無理かね
ポイント的にもダウンのあった7R以外は山中選手へ。

12/7 大阪府立体育会館
WBA世界Sフライ級タイトルマッチ?12回戦
○王者:テーパリット・ゴーキャットジム(タイ)
判定3-0(115-113、116-112、119-110 )

●1位:亀田大毅(亀田)

試合の経緯からして嫌だわ。こんなタイトルマッチは認めない。
亀2からは打たれ強さだけが伝わってきた。デーパリットは結構強い。正王者(と自分は今でも思っている)の清水選手も難儀しそう。アウトボックスをやりきる方向で。
当方の採点は6R以外全て王者、119-109。

WBA世界バンタム級タイトルマッチ('A`)12回戦
○王者:亀田興毅(亀田)
KO4回2分24秒

●12位:マリオ・マシアス(メキシコ)

挑戦者の力不足の一言。インチキ王者とインチキ組織のコンボだわ。
---
こんなことが繰り返されたらファンがどんどん離れるわ。自分ももうギリギリだし。ボクシングマガジンを買わなくなって随分経つが、さらに症状が進むかもしれん。自浄作用が働かない組織なんだな、アホJBC

あとは関東圏に戻りたくなったな~('A`)上の感じが続くとそれもなくなるかもしれんけど。

[テーマ:ボクシング | ジャンル:スポーツ]

【2011/12/11 17:42】 | ボクシング | トラックバック(0) | コメント(0) |
西岡・Rマルケス戦回顧
10/1 MGM グランドホテル&カジノ(USA・ネバダ州ラスベガス)
WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦
○王者:西岡利晃(帝拳)
判定3-0(117-111、116-112、115-113)
●2位:ラファエル・マルケス(メキシコ)

快挙!!!歴代の日本王者で言うと、ファイティング原田さんがエデル・ジョフレに勝ったのに次ぐくらいの快挙。挑戦者が採点に文句をつけているようだが、ジャッジ通りのはっきりした勝ち。4Rまでは挑戦者のジャブにヤラれ気味でポイントも取られていたが、王者が5Rに強い左を顔面に入れたところから挑戦者の警戒がそれまで以上に増し、流れが王者に来た。そこからは内容は一方的だったと思う。それにしてもかつて現フェザー級王者をぶっ倒した「モンスターレフト」の残像がこの日のメキシカンにも強烈に記憶に刷り込まれてたようだ。いつものスタイルを変えて過剰なまでに距離をとってジャブ中心、王者の左を警戒していた。その戦い方に戸惑ったのか西岡選手は4Rまでは距離感がうまく掴めなかったようだが、5Rの一発で全部精算してしまった感じ。以降は左も当たるし、バッティングで頭を切ったものの、9Rには右フックまで当てて倒せるかなと思ったけどもマルケス弟は結構タフだったね。なんにしろラスベガスのMGMでほぼ敵地なような状況の中、2階級制覇元王者を相手に完勝したのは凄いことだ。万が一ドナイレに勝ったら原田さん超えだね。無責任ながら後1戦と言わず、無事なうちは戦っていって欲しいもの。
当方の採点は3,5~11Rが王者で他挑戦者、116-112で王者有利。1,3,4,9,12RはどっちでもいいRで王者118-110~114-114まであるけどジミーレノンがUnanimous decisionで一人目の判定が117-111だった段階で勝ちを確信したのでした。

[テーマ:ボクシング | ジャンル:スポーツ]

【2011/10/10 11:14】 | ボクシング | トラックバック(0) | コメント(0) |
亀1・デラモラ戦、カサレス・清水戦回顧
8/31 日本武道館
WBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦
○王者:亀田興毅(亀田)
判定3-0(114-113、115-113、115-112)

●8位:デビッド・デラモラ(メキシコ)

挑戦者がもうちょっとどうにか出来たのでは、という試合。一方、亀1は現状持っているものを出し切れたところで判定を持っていけたような内容かなと。3Rのダウンの前までは亀1がバッティングで左目上から出血した上に、挑戦者が手も出て流れが良くなってきてたところだけに痛かった。出会い頭気味に左フックをカウンターでもらったが大したダメージが無かったのはその後、反撃していたことでも分かる・・・がしかし、流れを引き寄せられなくなってしまった。どっちも世界下位ランカー(6~10位)くらいの実力と感じた。亀1はそんなに得意の(笑)ローブローは出してなかったがそれ以外で唯一の武器と言っても良いノーモーションの左を当てて、相手のパンチもブロックしつつポイントを拾っていった。山中選手ならサウスポーなだけに亀1はその左も使いづらくなり山中選手圧勝まであると思うのだが、よほどセニョールは亀が嫌いなのか、ドナイレ相手でも(WBCだからかも、セニョール昵懇の間柄だし)対立王者に行くというのがなんとも('A`)
当方の採点は1,3,5,8,9,11Rが亀1で他挑戦者、3Rにダウンがあって114-113で亀1。2,4,5,6,8,12RはどっちでもいいRで亀1、118-109~112-115まで。ジャッジ陣、まともな採点だったかもw

WBA世界Sフライ級タイトルマッチ12回戦
○7位:清水智信(金子)
判定2-1(114-115、115-113、115-113 )

●王者:ウーゴ・カサレス(メキシコ)

何より金子繁治名誉会長(8月に80歳になられたばかり!)が元気なうちに世界王者を生み出せたことを大変嬉しく思う。上の人より明らかに強かっただろう村田英次郎で獲れなかったからなあ。氏がチャリティー活動などに熱心なことも留学生な友人から聞いてたり(ライオンズクラブ関係で関係があったらしく試合のチケットももらっていた)、画面などで見た温厚そうな人柄が尚一層、最初に書いた部分を感じさせていた。弟子の新田渉世会長もその精神を受け継いでかボランティア活動を熱心に行っているようだ。
ところで試合。テレビが途中ラウンドをカットしたので見たRだけでの印象。王者は追い脚のない名城選手のような相手だと強いが、体調が良くなかったのかもしれんが自分のボクシングが出来てなかった。一方、清水選手、本来のアウトボクシングをやや捨てて前に出て手数も多め。但し、追い脚が鋭いので逃げられることもなくパンチもジャブやら右やらを当てていた。判定は割れたが内容は完勝だったと思う。階級上げによる体力的な課題があるかもしれんが亀2でも誰相手でも楽しみ。亀2ならアウトボクシングで完封するのではと(内藤・亀2戦の再現?)。
当方の採点は1,2,7,8,9,10,11,12Rが清水選手、6Rが王者、3,4,5R未見。悪くても116-112で清水選手の中差以上の勝ちかな。7,10,11,12Rが王者のRも可だけど。

[テーマ:ボクシング | ジャンル:スポーツ]

【2011/09/05 16:29】 | ボクシング | トラックバック(1) | コメント(0) |
井岡・エルナンデス戦回顧
8/10 後楽園ホール
WBC世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦
○王者:井岡一翔(井岡)
判定3-0(116-112、116-111、118-111)
●1位:ファン・エルナンデス(メキシコ)

初防衛戦、指名挑戦者相手に完勝は見事。KOこそ相手の逃げボクシングで出来なかったが、そこまで追い込んだのは大したもの。そしてカサレス辺りにあんなボクシングをされて手も足も出なくなった日本人選手を何度も見せられてきたこともあり、強い選手ならちゃんと捕まえられるんだなあと。ジャブをちゃんと出して、コンビネーション、足を使う相手には必須であるボディも左右から当てて(というかオーレイドン戦からすっかりボディスナッチャーになってるw)。サラストレーナーからフットワーカーを逃さない術も教授してもらってたようで(後日のNHKより)点差以上に完璧な試合だった。減量で消耗しないうちに階級を上げてもらいたいもの。◯階級制覇とかはどうでもいいので適正の階級で戦って欲しい。叔父に似てアホっぽいが('A`)、人間性はかなり良さそうなので応援しがいがあるヨ。今後の成長も楽しみ。
当方の採点は1,3,6,10Rが挑戦者で他R王者の116-112。4R終了後の途中採点発表の時は驚いた、王者に点が行ってたんで。

[テーマ:ボクシング | ジャンル:スポーツ]

【2011/08/27 22:09】 | ボクシング | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

winrady

Author:winrady
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。